クックパッド/横浜市「WeWork オーシャンゲートみなとみらい」に本社移転 | 流通ニュース

クックパッドは5月6日、料理に関連する課題を解決するサービス開発の推進を目的に横浜市の「WeWork オーシャンゲートみなとみらい」に本社を移転したと発表した。

<食にまつわる植物に囲まれた共用エリア>

新オフィスの名称は「Cookpad park」。オフィスのレイアウトや植栽計画は、米シェアオフィス大手のWeWork(ウィワーク)と植物のプロ集団「SOLSO(ソルソ)」と共同で行った。

<生産性と創造性を最大化する設計のプロダクトルーム>
0507cookpad2 - クックパッド/横浜市「WeWork オーシャンゲートみなとみらい」に本社移転
オフィスの海側にチームでのサービス開発を最大限に効率化するためのプロダクトルームを設置。ルーム内には食にまつわる植物を数多く置き、社員が日常の中で食べている野菜や果物が生まれる過程を感じながら事業開発を行えるようにした。

<食にまつわる植物をオフィス各所に配置>
0507cookpad3 - クックパッド/横浜市「WeWork オーシャンゲートみなとみらい」に本社移転
クックパッドでは、2017年からの10年間を成長のための事業基盤創りに注力する「投資フェーズ」と定め、積極的な投資を実施。特に作り手の増加に向けたプラットフォームサービスの拡大を国内事業の重要施策として位置付けている。

その加速ためには、作り手、生活者との物理的な距離を縮め、料理の課題への迅速な対応と、職住近接の実現、オフィスに集まり物理的な環境を活用した働き方を作り上げることが重要と考えおり、それが実現できる場所として神奈川県の横浜エリアに移転を決めた。

<オフィス空間は開放的に設計>
0507cookpad4 - クックパッド/横浜市「WeWork オーシャンゲートみなとみらい」に本社移転
また、移転先の「WeWork オーシャンゲートみなとみらい」は、拡張性の高い働き方を実現できる仕組みと、社員がプロダクト開発を行う上で、オフィスに集まるメリットを最大限に引き出す設計が実現できる環境としている。

<Cookpad Ideas>
0507cookpad5 - クックパッド/横浜市「WeWork オーシャンゲートみなとみらい」に本社移転
さらに、本社移転をきっかけに特設サイト「Cookpad Ideas」を開設。サイトではJapan CEOの福崎康平氏のインタビューや対談を中心に、クックパッドでの働き方や、事業の考え方を発信する。同社では、今後も社会状況に合わせた柔軟なオフィスの運用を模索しながら事業推進を行っていくという。

Cookpad Ideas
https://ideas.cookpad.jp/

■新本社
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-7-1 WeWorkオーシャンゲートみなとみらい7F/9F
最寄り駅:横浜高速鉄道みなとみらい線 みなとみらい駅